生まれ故郷愛知県岡崎市をこよなく愛する貧乏学生がどーでもいいことを書き連ねてるどーでもいい読み飛ばしブログです


by nyan-pyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ひとやま終えて

ナンダカンダで、17日締め切りの卒論梗概(卒論本文の要約みたいなやつ)はそれっぽく仕上げて無事提出に漕ぎ付けることが出来ました。

前日に研究室行ってみたら、みんなデータ整理やタイピング作業をバリバリやってました(あたりめーか)。聞くところによると、自分以外のほとんどのメンバーは毎日研究室に通いつめて作業してたようで、自分は音信不通の扱いだったようです。

でも、自宅のパソコンでやるにはやってたので(勿論、バンクーバーで頑張ってるニッポンを応援しながら)、まあそこそこ「俺だって実は頑張ってたぜ!」みたいなことを胸を張って言えたけど、やっぱり中身はスカスカ(あたりめーか)なので、そろそろやべえなと思ってその日は終電の時間までかなり根詰めて作業しました。

とにもかくにも、梗概用の研究室オリジナルのテンプレート(レイアウトとかの書式設定)があるということに、前日に気付いたのには相当焦った。まだ知らなかったのかって感じのU君のアングリ顔が未だに忘れられない…。まあそれでも何とかしちゃうところを自分自身褒めてあげたいと思う。

あと、その日、浜松から学校に通ってる女子が研究室に泊りこんでやるっつーのには、かなり色んな意味で刺激受けました、そこまでやらないと卒論ってのはやっぱ終わらんのか、ということと、研究室一のホンワカ系女子がここ一番でやる気を出しまくってる、ということに。
でもその研究室はめちゃめちゃ狭い上に(先生が准教授故)、ヒューマンスケールを度外視したデカめの机が真ん中にあるせいで、ほとんど休むスペースなんて無いはずで、今思うとどうやって寝たのか不思議でしょうがない。テレビ局のADみたいに椅子並べて寝たのか、はたまた机に突っ伏すタイプか。今度聞いてみよう。
自分も本文提出の前夜はガチで泊り込もうと思う。学校に泊るのは永遠の憧れ。


閑話休題
これには心底吹いた
2枚舌て…、さぞ嘘のような気持ちよさなんだろうか
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50991184.html
この手の商品は卵型テンガ以降、手を出していないので少し興味湧いた
買わんけど
[PR]
by nyan-pyoo | 2010-02-18 17:16