生まれ故郷愛知県岡崎市をこよなく愛する貧乏学生がどーでもいいことを書き連ねてるどーでもいい読み飛ばしブログです


by nyan-pyoo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

佳境

またはクライマックス、とでも言えるような此処一週間でした。
まだ後に卒論提出日やら卒論発表会やらの精神的負担を強いる猛者たちが控えているというのに、それに匹敵かそれを凌駕するんじゃないってくらい怒涛のウィークでした。

まあようするに人生初めての失恋を体験してしまいました。
こんなことわざわざブログに書いてしまってる自分もどうかと思うけど、また何年かしてこれを読み返したときに俺ってアホやな、と笑い飛ばせたらいいと思う。

いろんな複合的な原因が折り重なって別れに至ってしまったけど、はっきり言って童貞明けて日が浅いこっちにとっては不完全燃焼過ぎて、その反動でか若気の至りでか、自分でもやばいんじゃないかってくらい処構わず時間構わず、発電行為の嵐です。
先日も欲望のままに吐き出したパトスを受け止めたティッシュを居間の机に放置したまま寝てしまい、明らかに家族の人に不審に思われてました。
昼くらいに起きたので、その間ずっと濃厚芳醇な香りを居間の片隅で放ち続けていたことを思うとやるせない思いでした。

今でこそ幾分吹っ切れたと感じだけど(変な方向にいっちゃってるかもだけど)、別離宣言(されたか、したのかは想像に任せます)の日の晩と次の日の晩が一番辛かった。
高校生のとき見た、さんま主演の映画「さとうきび畑の唄」以来、多分ガチで泣きました。とにかく一人の状況になると涙腺がすぐに崩壊、寝る前とかまさにそれ。
しかも、HDDに録り溜めといた番組をまとまった時間で消化するという暇人な生活を最近してて、去年の夏にやってた「朝までガンダム」をちょうど見てる時期で、別れの次の日、いつものように見だした回が第21話「激闘は憎しみ深く」で、何を隠そう、あのリュウ・ホセイがガンダムの危機を救うため敵ののマゼラトップに突っ込んで戦死するという、話なのであった。
c0195659_20213327.jpg




永遠の兄貴、リュウさん

自分の状況とまったく関係ないのにも関わらず、ホワイトベースクルーが泣くシーンに見事に貰い泣き、リアルに嗚咽もしちゃっておいおい泣いてしまいました。
特にブライト艦長の一言「勘弁してくれ、リュウ…」、これが効いた。

その後も、マチルダさんがオルテガのパンチで死んだときも、ミハルが太平洋にぶっ飛んでった回でも号泣
まさか30年前のアニメに泣かされるとは思ってもみませんでした。
しかしそのおかげで、今こうして発電行為を楽しめる状況に持ってこれたんだと思うし、富野監督には非常に感謝している。助かりました。


それとあと、失恋の悲しみを癒してくれたというか心の支えになってくれたのは、やっぱりというか、ベタなんだけど失恋ソングでした。
適当に借りてたはずの河口恭吾のカバーアルバム「君を好きだったあの頃」がめちゃめちゃグッときて、今まで適当に聞き流していた、背中が痒くなるような愛の歌やら、解読さえ困難な失恋の歌の意味が、この歳になってグイグイ染み込んできたわけです。

そしてやっぱり恋愛という世界は深いな、と。
ちょ、オナニー野郎がナニ語ってんだと思われても至極当然だけど、これが一番勉強させて貰ったことだと思う。
いやあ、本当に深い。生涯かけても勉強し尽くせないかもしれない。

ただ出来ることなら次の恋愛はもうちょい長いのがイイ
また独り身に返り咲いた僕ですが、これからもシコヨロでお願いします。
[PR]
by nyan-pyoo | 2010-02-14 20:18